【子供と一緒に英語学習】オススメコンテンツ3選をレビュー【dキッズ】

「子供には絶対英語を覚えさせたい」
「でも、あまり高額な教材は買えない」
「どんなサービスがいいか選べない」
「お手軽に色々試してみたい」

そんな悩みをお持のかた方、最初のチャレンジにドコモのdキッズを試してみませんか?
dキッズとはドコモが提供しているサービス知育アプリです。
場所を選ばず親子で一緒に楽しめて、しかも月額372円と格安(1日当たり約12円!!)と、お値段以上の価値があるオススメのアプリです。

dキッズには、下記のようなメリットがあります。

・月額372円で30種類以上の知育アプリが使い放題。(IOS/Android対応)
・時間・場所を選ばすいつもできる。
・親子で学習ができるて料金が変わらない。
・0~12歳まで、幅広い世代向けのアプリが充実している。
・アンパンマン、しまじろう、ディズニーなどの子供に人気なキャラクターのアプリが多数。
・使用時間の制限をかけられる(子供が長時間使用するのを防ぐ)。
・【ドコモユーザー・子育て家庭限定】最大13カ月無料で使える

一般的には子供の英語教育にかける費用は5,000~10,000円が多いそうです。
それらと比べると10分の1以下の費用で英語教育もできるのはかなりのお手頃だと言えます。

参考:ベネッセ、英語の教育費用、参照日:2020/9/7
参考:アルクpuls、子どもの英語教育にかけたい金額、月7000円。将来は公務員になってほしい――ソニー生命調べ、参照日:2020/9/7

なお、対象者はドコモユーザーの子持ち世帯限定ですが、最大13カ月も無料で使うことができます。
4,836円(=372円×13カ月)分も無料になるのは大きなメリットです。

加えて一般的なサービスは、オンライン・オフラインに限らず親子で参加する場合はそれぞれにお金が発生するものが多いです。
dキッズなら親子で使っても料金が増えることがないのも強みです。

そんなdキッズの中で、子供の英語学習にオススメなアプリに絞ってを3つを紹介していきます。

◆子供にオススメの英語学習アプリ3選

私が実際に試して、子供の英語教育に良さそうだと感じたアプリは下記の3つです。

・ディズニーマジカル絵本ワールド、 対象年齢:0さい~、ジャンル:絵本
・森のえほん館、対象年齢:~5さい、ジャンル:絵本
・ドラゴンブレイブ、 対象年齢:4さい~、ジャンル:RPG

順番に解説していきます。

ディズニーマジカル絵本ワールド、 対象年齢:0さい~、ジャンル:絵本

ディズニーマジカル絵本ワールドのトップ画像

こちらは日・英それぞれ30冊の絵本が読めるアプリです。
ディズニー作品の絵本で、アプリ側で音読してくれてぺージも自動送りとなってます。
子どもを膝の上において、一緒に見るような使い方が良いと思います。
子どもが絵を楽しむの充分なぐらい、ページをめくる速度はゆっくリ目です。
(大人目線だと少し遅く感じるかも)

アプリのタイトル画面はこんな感じです。

タイトル画面

タイトルの後、読みたい本を選にます。
日本語版、英語版の絵本が交互に並んでいます。
また、日本語だけ、あるいは英語だけにして検索することもできます。

絵本の選択画面

本の中身は文字、音声ともに日英に対応されています。
発音に自信がある方は音声ミュートにしてご自身で読む、英語が苦手方はアプリに読んでもらうといった使い方ができます。

森のえほん館、対象年齢:~5さい、ジャンル:絵本

森のえほん館のトップ画像

こちらもディズニーマジカル絵本ワールドと似たようなアプリです。
日本の昔話や、世界の童話などについての本が日英それぞれ89冊も収録されています。
また0-2さい向け、2-3さい向け、3-6さい向けと、年齢別に検索ができるため年齢にあった絵本を選ぶことができます。

こちらも英語版、日本語版の絵本が交互に並んでいます。

ディズニーマジカル絵本ワールドとの大きな違いは、ページ送りが手動になっている点です。

おそらくですが、少し年齢層が高い子向けに、自分のペースでページ送りさせる意図なんじゃないかなと思ってます。

手動でページをめくるという点で、ディズニーマジカル絵本ワールドよりも少し年齢層が高い(2歳~オススメ)子向けのサービスです。

公式のYouTubeがあったので貼っておきます。
下記を見みると、アプリのイメージが分かると思います。

ドラゴンブレイブ、対象年齢:4さい~、ジャンル:RPG

ドラゴンブレイブのトップ画像

こちらは上の2つとかなり毛色が違い、年齢層は高めです。
ドラクエみたいなRPGの感じで英語を学習できます。

英単語や英単語の意味、数字などのお題に対して、正しい答えを選択して敵に攻撃していくアプリです。

レベルアップや、武器・防具、アイテムの概念があり、学習した単語の振り返りも出来ます。
よドラクエとかFFとか、そういったRPGの

キャラクターを強していくと、英語力が少しずつ身についてまさにゲーム感覚で学習ができるオススメのアプリです。

このアプリでは、中学校1年生レベルと言われている英検5級のレベルの英単語が学習できます。
小学校ぐらいからのちょっと背伸びした学習にちょうどよい難易度です。
(何気に私自身がハマりそうだった。。。)

こちらも公式のYouTubeがあったので、動画を貼っておきます。

まとめ

今回はdキッズアプリの中から、子供の英語学習にオススメなアプリを3つ紹介しました。
紹介した3つのアプリは下記になります。

・ディズニーマジカル絵本ワールド、 対象年齢:0さい~、ジャンル:絵本
・森のえほん館、対象年齢:~5さい、ジャンル:絵本
・ドラゴンブレイブ、 対象年齢:4さい~、ジャンル:RPG

この3つだけでも、月372円はお値段以上の価値があるサービスだと感じます。
実際には、このほかにも多数の知育アプリがあります。
ひらがな、カタカナ、漢字、数字などなど。
色々なことが学習できてボリューム満点です。

我が家には、現在2歳と0歳の子どもがいるので、子どもたちの成長に合わせてdキッズで知育をしていこうと思ってます。
2歳の子については、アプリを閉じるたびに「もっと!!」と暴れて大変な思いをするほど楽しんでくれています。
>>dキッズの登録はコチラ

dキッズの解約方法

dキッズの解約方法については、画像付きで別記事で解説しています。
ドコモのサービスアプリの解約方法は共通しており、他のサービスについても記事を書いてます。
合わせて読んでいただけると幸いです。

https://webderelife.com/docomo-service-summary/