夫婦平均で1,782円/月は高い?安い?

先日実家に帰省した際、こんな会話がありました。

アベベの妹「スマホのキャリア何にしてるの?(どの格安SIMかな)」
アベべ「ドコモだよ」
アベべの妹「???!意外すぎる」
アベべ「なんでかって言うと…」

ということで、

なぜ我が家は大手キャリアのdocomoを使い続けているのか。
その理由を解説していきます。

現在の我が家の場合(4人家族、未就学児童2人の場合)を実例として紹介していきます。
我が家の場合、夫婦平均で1,782円/月となってます。
大手キャリアとしては、結構安くおさえている方だと思ってます。

具体的な達成方法については、下記で詳細を説明していきます。

実質的な月額料金を1,782円にするためのプランの詳細

具体的なプラン内容は下記の通りです。
(我が家の実例)

プランギガライトギガライト
料金3,465円(※~1GB/月)3,465円(※~1GB/月)
みんなドコモ割-1,100円/月-1,100円/月
dカード割-187円/月-187円/月
通話オプションなしなし
特典1ずっとドコモ特典
(3,000ポイント/年)
ずっとドコモ特典
(500ポイント/年)
特典2ドコモ子育て応援プログラム(子ども2人登録)
(3,000ポイント/年×子供の人数)
なし
その他オプションギガプラン1GB上限オプション
※無料のオプション
なし

プラン自体はシンプルです。
夫婦ともdocomoのギガライトプラン。
通話オプションなし。
データ数は1GB/月以内に抑えるようにしています。

そこへ各種の割引を加えます。
みんなドコモ割で-1,100円、dカード割で-187円。
合計で2,178円/月(税込み)となります。
一般的な大手キャリアの料金が平均8,312円とのことなので、そーとー安いです。

参照URL:ITmedia News

『ギガプランの1GB上限オプションは私のみ登録しています。
(妻は仕事の都合で1GB超えることも有るため使わず)
オプション自体の設定方法については、別記事で紹介しているのでよろしければ合わせて読んでみてください。

>>『ギガプラン1GB上限オプション』の設定手順を画像付きで解説!!

なお、2,178円/月という値段自体は、docomo、au、SoftBankの3社横並びの値段です。
docomoの場合、特典分で他社よりもオトクに使えます。
それが、ずっとドコモ割子育て応援プログラムです。

ずっとドコモ割は、毎年誕生日の月にポイントがもらえる特典です。
最大で3,000ポイント/年もらえます。

子育て応援プログラムは、子どもの誕生月に毎年3,000ポイントもらえる特典です。
子ども1人につき3,000ポイント、満12歳になる年まで毎年3,000ポイントづつもらえます。

どちらもエントリーは無料なのでエントリーしないともったいない特典です。

我が家の場合、2021年は私が9,000ポイント(ずっとドコモ割3,000ポイント、子育て応援プログラム6,000ポイント)、
妻は500ポイント(ずっとドコモ割500ポイント)をもらいました。
夫婦で合計すると9,500ポイントも貰ってます。

1ポイント=1円の価値なので9,500円相当というのは結構なオトク感がありますね。

ただしもらえるポイントは、特典でもらえるポイントは期間限定・用途限定のポイントです。
使いどころが限られるのと、期間限定なので使い忘れに注意しましょう。

QRコード決算のd払いなら、期間限定・用途限定ポイントも普段の買い物をつかいやすいです。
d払いをスマホにインストールしておいて、普段の買い物で使いきるようにしておくてとよいでしょう。

また事前設定は必要ですが、Amazonの支払いをd払いにして使うこともできますよ。

ちなみに2021年にもらった9,500ポイントを月平均にすると約792ポイント/月になります。
夫婦それぞれで毎月396ポイント=396円分貰ったことに相当しますね。

特典分を換算して毎月の実質料金を考えると
 2,178円 – 396ポイント=1,782円/月
となります。

大手キャリアのまま、実質2,000円/月を下回る料金になります。
これだけ安くできれば「無理して格安シムに変えなくてもいっかな」と思う人も出てくることでしょう。

私がまさにそれです。
だって格安シムに変更するのめんどいし…

でも、格安シムと比べるとやっぱりまだ高いのは事実です。

格安シムはやっぱり安い!!
2人分(1GB/月)がたったの1,100円/月!?

格安シムはやっぱりメチャクチャ安いです。
我が家の現状と、docomo回線で人気の格安シム“>OCNモバイルONEとを比べてみます。

参照URL:OCN モバイル ONE

データ数を1GB、通話オプションなしとした我が家と同条件比較すると、
“>OCNモバイルONEは770円/月になります!!
安すぎてヤバいですね。

更にインターネット光もつけた、OCN光とのセット割だと220円割引になります。
その場合は550円/月まで安くなります。
安すぎて勝てる気がしません。


2人分のスマホ料金がたったの1,100円ですむなんて。
流石にこれだけ差があると迷いますね。
我が家がプラン変更すると、毎月1,628円もオトクになります。

アベベ「オデ、カクヤスシムニ カエヨウカナ…」

でも、もうしばらくはdocomoのままで行きたいと思ってます(固い決意)

その理由は…

私がそれでもdocomoを使い続ける3つの理由

料金的には圧倒的に格安シム(OCNモバイルONE)に劣りますが、
それでも私がdocomoを使い続ける理由が3つあります。

  • もう少しでドコモユーザー歴15年!
  • エコノミークラスプランに期待してる!!
  • 単純に変えるのがめんどい (←ただめんどいだけ)

もう少しでドコモユーザー歴15年!

2021年7月時点でdocomoユーザー歴が14年と4か月。
もうちょっとで15年越えの長期ユーザーになれるんです。

なぜ15年を目指すのか?

それはプラチナステージが確定するからです。
プラチナステージになると、ずっとドコモ割でもらえるポイントが3,000ポイント確定になります。

参照先:docomoのHP

「ステージってなんやね!」
そう思ったあなた!

簡単に言えば、ユーザーを優遇する制度のことです。
下記の画像のように、docomo回線の利用期間、dポイントの獲得数(直接的にdocomoへの支払い額)が多い人を優遇しています。

dポイントの獲得数でプラチナステージを目指すと、6か月で100万円に相当するお金を支払う必要があります。
結構大変です。
一方で、ドコモ回線の継続利用期間なら支払額は関係なく、ただ長くdocomoユーザーであり続けるだけです。

そんなプラチナステージ確定まで、あと8か月。
もうちょっとなので、15年越を目指したい…

ちなみに、プラチナステージって言うぐらいだから特典も結構おいしい感じです。

例えば、2021年7月の特典は下記

  • ローソン、ファミリーマートでスイーツ・ドリンクが当たる
  • イオンシネマチケット(ペア)が280組560名に当たる
  • dポイント1,000ポイントが15,000名に当たる
  • 全国百貨店共通券10,000円分が150名にあたる
  • JALのサクララウンジの利用権が1日最大84組に当たる
  • ムビチケ前売り券が、映画毎に325組650名に当たる
  • ディズニーリゾートパークチケット(ペア)が50組100名に当たる
  • dミール10,000円分のクーポンが10名に当たる

結構豪華です。

コンビニスイーツは置いといて、どれか1つでも当たれば儲けものです。
しかも特典の中身は毎月変わっていきます。

格安シムとの値差は確かに大きいですが、特典のメリットは十分に大きいと考えてます。
…今のところ何もあたったことないけどね。

エコノミークラスプランに期待!!

参照先:docomoの新料金プランの導入について

政府がスマホ料金を値下げさせる圧力をかけたことをきっかけに、
スマホの料金の値下げ競争が激化しましたね。

docomoもその例に漏れず、ahamoという新ブランドを登場させました。
従来のプラントのすみ分けとして、中容量(20GB)で2,970円/月とお手頃なお値段のプランとなってます。

その説明利生の中で、エコノミーというプランが登場しています。
『小容量 超低廉な料金』
すげー気になってます。
現在の私の利用状況的に、これが最適解になるのでは?と考えてます。

残念ながら2021年7月時点では、まだ何も情報がないのでおあずけです。
このエコノミーが紹介されたら、プラン変更を本気で検討しようと思ってます。

…エコノミーが出なかったらOCN モバイル ONEに機種編するかな。
安いし。

単純に変えるのがめんどい(←ただめんどいだけ)

はい出ました。
ただめんどくさいだけっていう理由。

でも、結構な人がめんどくさいことが理由でキャリア変更しないんだと思います。
私自身もその一人のわけですし。

なにがめんどくさいって、

・解約金があるのかどうか、いつなら解約金がないのか調べるのがめんどくさい
・電話番号をそのまま変更するためのMNPをもらう手続きがめんどくさい
・変更先のキャリアを考えるのがめんどくさい
・新しいプランを選ぶのがめんどくさい
・契約資料を読んだり、話しを聞いたり、手続きそのものがめんどくさい
・インターネット光とセット割のため、インターネット回線を変えるかどうか考えるのがめんどくさい
・…etc

そう。
とにかくめんどくさいんです。
結構な手間暇かかりますよね。
手続きも長いことが多いです。

おそらく格安シムに変えずに大手キャリアのまま使っている方々は
この「めんどくさい」が最大の理由なんだと思います。
私はそう思ってます。
めんどくさいのは嫌いです。

なので、私は当面はdocomoのまま、
支払い金額を最小化して、もらえる特典を最大化する方向で落ち着いている次第です。

まとめ-当面はdocomoのギガライトのまま

ということで、我が家はもうしばらくdocomoのままで行こうと思ってます。
格安シムの安さは確かに魅力的です。
ですが、大手も負けじと価格競争か大盤振る舞いのキャンペーンで対抗してくるはず。
大手キャリアの逆襲を信じていこうと思ってます。

次回の記事について(…かもしれない情報)

現在、docomoのままで更にオトクに使う方法についてアレコレ考えてます。
現在検討中なのは下記の2つです。

・dualシム(docomo+楽天)でデータ数アップ
・クレジットカードの最適化でポイント獲得数up

1つ目のdualシムについては、dualシム対応のスマホを準備中です。
docomoと楽天の2回線を考えていて、料金変わらず2GBまで使えるようになるはず。
準備ができたらそちらも記事にしていこうと思います。

2つ目については、docomoユーザーにとってのdカードGOLDは最適解なのか?
そちらを色々検証したいと思ってます。
通常のdカードでいい人、別のカードの方がいい人。
あるいは複数組み合わせたほうがいい人など、条件次第で最適は変わると考えてます。
個人的には、dカードGOLD+別のカードが最適化も?と思って色々考えてます。

いずれも準備が出来次第、記事にしていきます。!