【dマガジン】400雑誌以上がポケットサイズで購読できる【コスパ抜群】

皆さんは普段、雑誌を読んでいますか?
値段は1,000円以下と手軽に買いやすく、買い物ついでに買ったみたり、コンビニや美容院などで読む機会は多いかと思います。
私も投資の勉強として、ダイヤモンドZAIなんかをたまに買ってます。

ダイヤモンドZAIは週刊誌で定価750円です。
仮に毎週最新のものを買うことを考えると

  750円×4週 = 3,000円/月

そこそこの値段になります。
しかも、買えば買うだけかさばって捨てるのも手間だったりします。

「でも、雑誌を定期的に買いたい」
「毎週(毎月)、新刊を読むのが楽しみ」
そんな方にピッタリのサービスがありました。

月額たったの400円(税別)で500冊以上の雑誌が読み放題!
発売日に最新の雑誌をスマホ、webで読むことが出来るんです!!
スマホで読めるので、ポケットサイズでどこにでも持って行けます。
また雑誌を置くスペースに悩むことも、不要になった雑誌を捨てる必要もありません。
ハッキリ言って、かなりコスパがいいサービスです。

dマガジンのメリット紹介

簡単にメリットの紹介をします。

・月額400円(税別) 
・500誌以上が読み放題 
・ドコモユーザー以外も利用可能
・初回31日は無料お試しあり
・アプリ版5台+ブラウザ版1台の最大6台までシェア可能
・ダウンロードしてオフラインで読める
・バックナンバー(過去作品)も読むことが出来る

下記はwebページの画面ですが、anan、女性自身、ザテレビジョン、週間文春、ダイヤモンドZAI、フライデー等など。
聞きたことのある雑誌を多数取り扱っています。

dマガジン

このほかにも、釣り、競馬、ゴルフ、相撲、将棋、鉄道、パチスロなど幅広い雑誌を読むことができます。
また、UFO・UMA・超常現象系のを取り扱う雑誌でおなじみのムーも取り扱っています。(※楽天マガジン、auブックパスでも取り扱いあり)
個人的に、オカルトの類は大好物なのですが、雑誌を買う事は躊躇してました。
たった400円で、そんなムーも読めるはかなりポイント高いです。

携帯キャリアのサービスとして類似のものに、月額380円(税抜)の楽天マガジン、月額562円(税抜)のauブックパス(総合コース)などがあります。

単純な値段重視なら、楽天マガジンは年額プランだと3,600円(税抜)で最安値になるのでオススメです。(月額プラン380円(税抜)でも最安値)
auブックパスは、総合コースだとマンガや写真集なども見られるので雑誌以外も読みたい人はauブックパスの総合コースがオススメです。

各社のサービスを比較するのに、下記のサイトが参考になりました。
>>ZASSHIMURA、【雑誌一覧付き】2020年最新比較!本当に使える雑誌読み放題TOP3、参照日2020/9/9

それぞれ微妙に取り扱いの雑誌や、アプリの使い勝手が違うので好みが分かれるところですが、ドコモユーザー(+dカードGOLD保有)であれば、dマガジンが一番オススメです。
理由は、dマガジンはdカードGOLDの10%還元対象のサービスだからです。

つまり、400円(税抜)に対して、4ポイント(1%:通常ポイント)+36ポイント(9%:dカードGOLDの特典分)がもらえるため、実質360円相当で利用が可能になります。(それでも最安値は楽天マガジンだったりしますが)
>>関連記事:【携帯電話】私がドコモを使い続ける理由【お得に使って安くする】、3.dカードGLODを使う(最大-170円+α)

私は投資系の雑誌として、ダイヤモンドZAI(週刊誌、750円)、日経マネー(週刊誌、750円)あたりがたまに気になって買うことがあるので、これらを毎週2冊とも買うことを考えると、

 750円×2冊×4週 =6,000円/月

毎月6,000円相当がたった400円(税別)で読めるのはかなりコスパが高いと感じてます。
なんら、月1冊読むだけで元が取れますし、何冊読んでも料金は変わらないので使う価値あるサービスだと考えてます。

ちなみに、tweetの写真は、このアプリの良さに気づく前に買ってしまったものです。
dマガジンのアプリ上で、添付の写真のものと同じものが読めることを確認したのは雑誌を買った2日後でした。

今後は常に最新のダイヤモンドZAIを読んで750円分の元が取れるよう、株式投資にいそしみたいと思います。。。

よければこちらも合わせてお読みください。
>>関連記事:【携帯電話】私がドコモを使い続ける理由【お得に使って安くする】